流通における小売業の基本的役割

2d4abfc26f66bc7441319d79a8147560_s起業したい!会社を始めたい!…まず立ち位置を知っておきましょう。

流通全体から見た事業のポジションはどこ?。日本の流通と小売業の特徴をみてみましょう。

①まず、ところで、小売業とは…?小売業の定義とは

  1. 主として最終消費者(一般消費者)を直接対象にする販売業
  2. 商業統計調査としては、年間販売額の( )以上最終消費者に対する販売

    [詳細]

    半分

    [詳細を隠す]

    豆腐屋 → 卸売 → 食料品店、スーパー
    → 小売(製造小売) → 一般消費者
    家電店 → 卸売 → 企業、事業所
    → 小売 → 一般消費者

    ①個人用・家庭用消費のための商品の販売
    ②商品を小売りし、かつ、同種商品の修理
    ③製造小売り(製造した商品をその場所で小売り)
    ④主として消費者への無店舗販売
    ⑤ガソリンスタンド
    ⑥産業用使用者への少量・少額の販売

    流通機構
    製造業 卸売業 小売業 (最終)消費者

小売業が取り扱う商品

  • 消費財: 有形
  • サービス: 無形

    [詳細]

    同時性
    simultaneity

    [詳細を隠す]

    売り買いした後にモノが残らず、生産と同時に消費される。相互交流が基本。

    [詳細]

    不可分性

    [詳細を隠す]

    生産と消費を切り離すことは不可能

    [詳細]

    不均質性/変動性
    variability

    [詳細を隠す]

    品質は一定ではない

    [詳細]

    無形性/非有形性
    intangibility

    [詳細を隠す]

    触ることができない、はっきりとした形がないため、商品を購入前に見たり試したりすることができない。

    [詳細]

    消滅性/非貯蔵性
    perishability

    [詳細を隠す]

    形のないものゆえ、在庫にすることが不可能。
  • 「サービス経済化」とは…「消費への価値観」が「所有から利用」への変化
    「ペティ=クラークの法則」

    [詳細]

    経済が発展するにつれて、経済活動の重点はサービス業にシフトする

    [詳細を隠す]

    第一次産業 第二次産業 第三次産業
    農林水産業 製造業 サービス業

    [詳細]

    次産業(化)

    [詳細を隠す]

    農林水産業の生産(第1次産業)、食品加工(第2次産業)、流通販売・情報サービス(第3次産業)の一体化を推進し、地域に新たな食農ビジネス創出する取組。

②日本の小売業の構造と変化

構造上の特徴

  1. ( )性:

    [詳細]

    零細

    [詳細を隠す]


    従業員4人以下(零細小売店)の店舗数は全体の68%を占める。
    対して、零細小売店の売上は15%に過ぎない。
  2. ( )性:

    [詳細]

    過多

    [詳細を隠す]


    国土面積、あるいは人口当たりの店舗数が多い(1,000人に対して8.9店舗)。
    欧米と比較しても店舗数の多さが際立っている。
  3. ( )性:

    [詳細]

    多段階

    [詳細を隠す]


    中間流通の多さのことで、W/R比率を使ってあらわす。
    日本のW/R比率は欧米と比べて高い。
    ※W/R比率: 卸売業(Wholesale)と小売業(Retail)での販売額の比率。
    (卸売販売額 – 産業使用者向け販売額 – 国外向け販売額) / 小売業販売額

小売業の構造変化

  1. 店舗数と規模:
    商業統計調査では、25年間で3分の1の小売業が廃業したことになる。
  2. 業種構造:
    飲食料品小売業…小売業最大の割合を占める(全小売業の3分の1を下回っている)。

(日本の)「多頻度」「小口」の購買習慣

  • 商品の購買習慣
    頻度: 高い
    量: 小口
    ※買い物の頻度や量、食習慣、家族構成、交通事情(時間、距離)などに左右される。
  • 食品の1回当たりの購買量と特性
    購買頻度に反比例
    日本人は魚介類の消費量が多く鮮度を重視する

     毎日仕入れる小売店が必要
    商品を小分けで供給する卸売業が必要
    流通業が「多段階」になる

③流通機構における小売業の役割

  • 生産と消費のギャップ
    ギャップ ギャップを解消・調整する流通の機能
    所有権 取引機能 所有権の移転
    空間 輸送機能 場所の移転
    情報 情報伝達機能 知覚ギャップ
    品揃え
    価値
    時間 保管機能 時間的な調整
  • 生産者と最終消費者との橋渡し
    少品種大量生産 ←数量と品ぞろえの齟齬→ 多品種少量消費
    生産者 直接取引の非効率性 消費者
  • 販売代理と購買代理
    生産者/メーカー 小売業 消費者 メーカーにとって販売代理
    生産者/メーカー 小売業 消費者 消費者にとって購買代理
    小売業においてPOSデータなどにより消費者ニーズを把握し、精度の高いマーチャンダイジングを行う

小売業の消費者に対する機能

[詳細]

  1. 品ぞろえの提供機能
  2. 在庫の調整機能
  3. 価格の調整機能
  4. 情報の提供機能
  5. 品質のチェック機能
  6. 便利性の提供機能
  7. 顧客サービスの機能
  8. 快適性の提供機能

  

[詳細を隠す]

シェアする

フォローする