起業・販路拡大・会社設立5-1:販売員の基本業務

目次

①販売員の目的と役割って…?

販売員の<目的>
顧客が商品を購入する際に、商品選択の手助けをし、自店の業績を高める。

  • 顧客満足度を高める
  • 多頻度来店を促す
  • 権利が侵されたときトラブルになりやすい
 消費者の権利と責任(出典:国際消費者機構)
8つの権利

  1. 生活の基本ニーズが保証される
  2. 安全である
  3. 知らされる
  4. 選ぶ
  5. 意見を反映される
  6. 補償を受ける
  7. 消費者教育を受ける
  8. 健康な環境の中で働き生活する
5つの責任

  1. 批判的意識
  2. 自己主張と行動
  3. 社会的関心
  4. 環境への自覚
  5. 連帯

販売員の<役割>

顧客が商品選択時、専門的商品知識を持った販売員から詳しい情報を得、納得したうえで購入したいと考え、販売員はその期待に応える。

  1. 情報提供と情報蓄積
  2. 接客サービス
  3. 顧客満足度の向上
  4. 売上増加のための戦力
②接客マナー
接客用語

  • 顧客に安心感をもたらす笑顔や挨拶が欠かせない。
  • 感じのよい外見(服装や身だしなみ)に気を配る。
  • 正しい敬語を使いこなす。

警護の基本

敬語の5つの種類
尊敬語 いらっしゃる、おっしゃる
謙譲語Ⅰ 伺う、申し上げる
謙譲語Ⅱ(丁語) 参る、申す
です、ます
美化語 酒、料理
  • 謙譲語Ⅰ:
  • 謙譲語Ⅱ(丁重語):
    自分側の行為を相手に対し、丁重に述べること
③クレームや返品への対応
クレームの種類
  1. 商品
  2. 接客
  3. 施設
  4. その他

クレームへの対応手順

  1. お詫びする
  2. 顧客の話を最後まで聞く
  3. 事実の確認と原因を究明する
  4. 対応方法を提示する
  5. 全員へのフィードバック
  6. 店舗運営を改善する

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

シェアする

フォローする