商圏の設定と出店の考え方

26537c027ad627e5aafbe266ec8ab56c_s

いよいよ出店計画…という項ですが、ここに至るころには既に出店について決まっていることも…( ̄▽ ̄;)

…ですが、広告や各種戦略を進めるうえで知っておいて損はない!(`◇´)ゞ

①商圏の基本知識

商圏とは

小売店舗、商店街やショッピングセンターなどの商業集積における、顧客吸引力の及ぶ地理的、あるいは時間的な面の広がりのこと。

    • 地理的側面からの限界 小売店から何km以内?
    • 時間的側面からの限界 来店まで何分以内?

 商圏の区分

 自店

スーパーマーケットの場合

第一次商圏

車で5分以内

第二次商圏

車で10分以内

第三次商圏

車で15分以内

 商圏範囲の測定・設定方法 ①来店客や来街者などに対するアンケート調査
②ポイントカードや自社カードなどのカード会員の利用実績
③電子地図や住宅地図などの詳細な地図による推定
④小売店への主要道路の所要時間や道路事情を勘案した推定
⑤ハフモデルやライリーの法則など統計モデルによる推定
<1>商圏の種類
⑴ 小売店の単独商圏

  • コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの一店舗当たりの商圏
商業集積の商圏

  • ショッピングセンターなどの商業集積の集客力が及ぶ範囲
  • 核となる大型店の魅力に影響される
都市の商圏

  • 周辺都市からの吸引力の及ぶ範囲
  • 人口、商店数、産業構造に大きく左右される
  • GMSを核とする1~3万㎡規模のSCでは商圏5~10km
  • 都道府県所在地や都市の商圏は半径20~50kmに及ぶ
  • 商業力指数
    = (都市の小売業販売額 / 都市の行政人口)
    / (都道府県の小売業販売額 / 都道府県の行政人口)
    ※100%を上回るなら吸引、下回るなら流出
都市の商圏

 商業集積の商圏

 単独商圏
<2>商圏範囲の測定
ハフモデル

  • 消費者がその店舗で買い物する確率は、売り場面積に比例店舗までの距離に反比例する。
ライリーの法則(小売引力の法則)-第一公式

  • 都市Aと都市Bの中間にある都市において、都市A、都市Bへ流れる小売取引の比は、それぞれの都市の人口に比例し、距離の二乗に反比例する。
コンヴァース(小売引力の法則)-第二公式

  • 都市Aと都市Bの中間の町から、小売販売額がすべて同じ割合でAとBの両方に吸収されると仮定した場合、中間の町を両都市の小売商圏分岐点AとB2つの都市の小売商業の影響の等しい境界点)とみなすことができる。
コンヴァース・小売引力の法則)

  • 商業中心地である都市と、その商圏内又は商圏の近くにある消費者の居住する都市は、ほぼ両者の人口に正比例し、慣習因子の二乗に反比例して、消費者の居住する都市の小売販売額を分け合う。
人口構造

  • 小売店の客層は、人口、世帯数とその推移、職業別人口などによって変化する。
  • 昼夜人口比率や、自然増減と社会増減なども地域特性を見るうえで無視できない。
商圏に影響を及ぼす要因
人口
  • 人口の推移
  • 男女別および年齢別構成比
世帯数
  • 商圏世帯数の推移
  • 世帯人数の推移
住居
  • 持ち家比率
  • 住宅携帯
  • 新築住宅の推移
所得水準
  • 全国平均や都道府県水準との比較
産業構造
  • 一次、二次、三次産業の構成比と推移
②競争店調査の基本知識
競争店調査定期的に競争店(ストアコンペティター)に出向いて、競争店調査(ストアコンパリゾン)を行う。

    • 自店との顧客層の違い
    • 品ぞろえや価格の違い
    • 店舗施設や接客対応などの実態観察
競争店舗調査の流れ
  1. 競争店の強みと弱みを把握
    強み 弱み
    品ぞろえ
    品質
    集客に優れた時間帯
  2. 1.の情報を比較し、自店の強みと弱みを知る
  3. 自店の弱み克服のために改善計画を立てる
  4. 究極の目的は地域経済発展への寄与
 

シェアする

フォローする