作業割り当ての基本的役割

一緒に店を盛り上げる仲間を増やそう!

…といってもどうやって?何からスタートすればいい?

メリット・デメリットは?

で…スケジュール管理はどうやるの?

①ワークスケジューリングの基本知識
  • ワークスケジューリングの重要性
    人時(にんじ/マンパワー)管理(MHC:Man Hour Control)

    小売業は人件費等固定費比率が高い 売上高と人件費の配分で利益が大きく変化
    人時生産性 人の従業員の1hあたりの作業量
    労働時間1hあたりの粗利益高 = 粗利益高 / 総労働時間
    (例)粗利益額が50,000円、5人で2hの場合

    • 5人 x 2h = 10人時(MH)
    • 50,000 / 10 = 5,000円/人時
  • ワークスケジューリング(作業割当)
    誰が」、「どの作業」を、「どの時間帯」に行うか誰にでもわかるよう具体化すること
    人員配置のばらつきをなくし、従業員間の仕事量の均衡を図る
  • 作業割り当て表作成
    検討事項 チェック項目 
    1. 重点事項を検討
    2. 余裕を持たせる
    3. 習熟度、経験、知識を把握
    4. 週間ベースで作成
    1. 時間帯ごとの作業内容
    2. 誰か
    3. いつまでか
    4. 準備と片付けの内容(時間・ボリューム)
    5. どのような報告をさせるか
    6. 経費と効果の関係は妥当か
    7. 他とまとめてやれるか
    8. 他の時間帯ではどうか
    9. 順序を変えられるか
    10. 必要なものは揃っているか
  • 作業割当表(例)
    最近は「【詳細】クラウドスケジュール表」等を利用することで無料で管理・プランニングでき、責任者は出先ででも管理でき、従業員は携帯で確認でき、連絡も容易にとれる。【お問合せ】

     ○年○月○日 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
    太郎 開店
    準備
    商品
    補充
    食事 レジ
    二郎 レジ 食事
    出し
    閉店
    作業
    花子 クリンネス レジ 食事 レジ
②パートタイマー・アルバイトの活用方法
  • 人件費を抑えることが可能
    ポイント: 社員と同じ責任権限を与えることで成果を上げている
    1990年代中頃まで: 人件費の低減を主に補助作業が中心
    1990年代中頃以降: 責任と権限の付与で貴重な戦力となる
  • 正社員と比較した場合のメリット・デメリット
     メリット デメリット
    1. 人件費の抑制
    2. 期間の定めがある雇用契約
    3. 必要な時に必要なだけ調達
    1. 長期戦力に不向き
    2. 時間、日数が限定的
    3. 習熟度合いが低い
  • 仕組みづくり
    やる気を引出し
    戦力化する
    処遇面の配慮 人間関係の円滑化
    能力別時給
    勤務シフトの融通
    差別をなくす
    マニュアル整備 目的、方法、手順、道具、量、質、期限
    OJT(職業訓練) 業務を通してのトレーニング計画と実行
③人時管理推進のステップ
効率的、効果的に推進するための7ステップ

  1. 人時管理(MHC)の理解
  2. 生産性の判断基準
    人件費率 = 人件費 / 売上高 (売上高に占める人件費割合)
    労働分配率 = 人件費 / 粗利益 (粗利益に占める人件費割合)
    人時売上高 = 売上高 / 総人時 (従業員1人の時間当たり売上高)
    人時生産性 = 粗利益 / 総人時 (従業員1人の時間当たり粗利益)
  3. 作業遂行のための基準設定
  4. (Plan)人事計画表の作成
  5. (Do)作業計画表に基づいた作業実施と記録
  6. (Check)作業基準の分析により要改善点の抽出
  7. (Action)作業の改善

シェアする

フォローする