マーチャンダイジングの基本

2d6c8d447350e766b24c34235757a49a_s昔は高価だったPOSや、契約・経理が手間だったクレジット決済が今では手軽に導入できます。

システムの導入は簡単だけれど、さて運用のメリットは…?

ネットやSNSも含めたトータルサポートは、お気軽にココモ迄お問合せ下さい。

商品別流通経路の基本知識
マーチャンダイジングとは
小売業が商品を品ぞろえし、顧客に対して販売する業務のこと
Merchandising = 商品化政策商品計画
①商品計画: どの様な顧客の、どの様なニーズに、どのような商品構成をとるかの計画
②販売計画: 小売店が品揃えする商品を商品カテゴリーごとの全体計画としての本部の立案
③仕入計画: 商品カテゴリーごとの仕入れ品目の金額及び数量などの設定
④仕入交渉: 本部の商品担当者(バイヤー)が選定した仕入企業との間で行う、具体的な仕入交渉
⑤仕入: チェーンストア本部が仕入先企業に対して、各店舗が必要とする商品を取りまとめて発注
⑥値入、価格設定: 商品の販売価格(売価)を決定すること
⑦棚割、販促企画: 本部が、定番商品スペース配分を決め、販売促進企画を立案
⑧店舗への送込: 本部が初期発注により初期仕入した商品を核店舗へ納品
⑨荷受・検品: 発注した商品の受入
⑩保管(値付け): ケース単位(ロット)で、入荷した商品をバックルームなどに保管し、漸次売場へ補充
⑪補充(前出し): 荷受・検品した商品を売り場への補充(品出し)
⑫ディスプレイ(売価変更): 本部で企画した棚割表に基づき、店舗担当者がディスプレイする
⑬商品管理: 在庫量の把握や売れ筋商品死に筋商品についての単品管理 →①商品計画にフィードバック
⑭補充発注: 個々の商品販売後、定番商品を対象に売り場の担当者が補充するために発注

マーチャンダイジングにおけるIT活用

  1. EOS
    Electronic Ordering System
    補充発注システム。小売業と仕入先との企業間オンライン受発注システムのこと。
  2. POS: 格安カスタマイズ導入10万円程度~はお気軽にココモ迄お問合せ下さい
    Point Of Sales System
    キャッシュレジスターをバーコードの自動読み取り機能を付加したPOSターミナルとして活用するシステム
  3. EDI
    Electoronic Data Interchange
    POSやEOS等の様に企業間がオンラインで情報をやり取りすること

コンビニエンスストアにみるマーチャンダイジング機能

  • 商品計画
    コンビニエンスストアは、約100平方メートルの売り場に生活必需品が高く、消費サイクルが短く、購買頻度の高い商品を約3,000品目揃えている。
コンビニエンスストアの商品構成
部門:デパートメント  商品の大分類 売上別総合管理 青果、生鮮、雑貨
品群:ライン  用途別の中分類 機能別 アクセサリー、調味料、AV
品種:クラス(サブクラス)  商品カテゴリー 品種別 ノート、シャンプー(毛染め、リンスイン)
品目:アイテム  個々の商品 価格帯,ブランド 商標など…ママレモン、
単品(SKU)  最小単位 (全体)単品 ママレモン200ml、ママレモン500ml

シェアする

フォローする