発行可能株式総数って?




Q.株式会社設立の際の発行可能株式総数ってどれくらい?

株価上昇まず発行可能株式数とは

発行できる株式総数のことで、定款を変更しない限り、総数を超えて発行できず、これは、株式を発行できる取締役会の権限[1]授権資本制度の濫用を防ぐためです。

上限決める理由

発行可能株式総数を超える株式を発行する必要が生じた場合、事前に定款を変更(株主総会特別決議)する必要があります。

総数はどうやって決める?

大枠としては次の2つの視点で決定します。

1株当たりの株式の金額
  • 1株あたりの金額を1~5万円に設定する会社が多い[2]中小企業庁発表
  • 1株当たりの価格に上限はなく、1株=100万円も可

例えば1株=5万円の場合

資本金100万円のだったとすると、発行株式数は20株

  • 100万円 ÷ 5万円 = 20株

これをベースに発行可能株式総数を決める

  • 20株をそのまま発行可能株式総数とする
  • 事業拡大の計画に沿って多めに設定する(株主総会での特別決議や変更登記といった手間が省ける)

注釈   [ + ]

1. 授権資本制度
2. 中小企業庁発表




シェアする

フォローする