人財育成で組織力アップを図る計画図と実際(書きかけ)

まず、「似たようなことは聞いたことが…」と言う方は多いですが、少なくともこの記事を書いている時点で、ネット上には転がってません。
  • 抽象的な精神論やマネージメント論ではなく、具体的な手法
  • トップではなく底上げを図った企業フレームを作り上げる
人財育成で組織力アップ
  • なぜこのフレームワークが有効化という根拠
    1. 世代、性別、職種、経歴を問わず世界中180カ国以上で活用されている
      世界ブランド保険分野7年連続No.1のアクサ生命でも57カ国
    2. 競争原理からすると上層の人材集まりにくいニッチな範囲で効果を出している
      →全世界で1,700万人程度、日本の釣人口がピークで2,000万人現在約半分

スポンサーリンク







シェアする

フォローする