料金紛失(アンカリング効果)




消えた100円問題

ある3人が食堂で食事をしている。

1人1,000円ずつ合計3,000円を払った。

店主が従業員に500円を返すように命じた。

(理由は何でもいい。実はもらい過ぎたか、サービスするか…等)

従業員は、3人に500円というのが返しにくいため、100円ずつ合計300円だけ返し200円をネコババした。

3人がそれぞれ1,000円支払い、100円ずつ返されたからそれぞれの支払は900円…つまり総額で2,700円…①

従業員が200円ネコババした…②

= 2,700 + 200 = 2,900円

最初3,000円支払ったが、100円はどこにいった

解説

[ 解説 ]

100円は消えてない!

3,000円と、実際に支払った金額とは全く関係が無い。

  1. 3,000円=2,500円(食事代=店の売上)+300円(返金分)+200円(ネコババ)
  2. 実際に支払った金額=900円×3+200円=2,900円

上の1.2は計算する立場が異なるので、混ぜて計算してはならない。

3,000円という数字が、心理的にアンカリング効果を生じさせ、1と2を混同してしまったときに不思議な感覚に陥る。

[ 解説を隠す ]




シェアする

フォローする